ご報告が遅くなりましたが、2022年5月1日(日)に第27回わんぱく相撲淡路場所を開催致しました。

新型コロナウイルスの蔓延によりここ2年は中止を余儀なくされ、3年ぶりの大会となりましたが、46名のわんぱく力士が元気に相撲をとる様子を拝見することができました。ご参加下さいましたわんぱく力士のみんな、保護者の皆様、ありがとうございました。
勝って喜ぶ子、負けて泣く子。以前にブログでも申しましたが、そんな素直な子どもの感情が見ている私たちの胸を打ちます。  だからこそ周りで見ている大人たちは力の限り応援をするのです。コロナ対策で大声での声援は自粛するように呼びかけましたが、正直無理だろうなと思っていました(笑)

6月19日には高砂市にてわんぱく相撲兵庫ブロック大会が開催されます。ぜひ、応援よろしくお願いします。

ともかく、コロナ禍における青少年育成事業「わんぱく相撲淡路場所」を無事開催することができたのは大きな一歩であると感じています。ウィズコロナと言われる時代に、決してコロナ前のような運動はできなくても、工夫を凝らし、あらゆる対策を施すことで新しい形のJC運動をしなければなりません。

理事長スローガンにした「決意の一歩」は「挑戦」すること以外の何物でもありまん。少しでも淡路島によりよい変化をもたせるように邁進してまいります。

関連記事

  1. 【創立60周年記念式典・記念講演会】

  2. 洲本市長選挙公開質問事業について

  3. 新年のご挨拶

  4. 【想いを込めて】

  5. 新年式典を終えて

  6. 第27回わんぱく相撲淡路場所の記者発表をさせていただきました…

PAGE TOP