会員拡大委員会

「委員会スローガン」
イチガン~行動こそ成果をつくる~

抱負

私たち一般社団法人淡路青年会議所は、先輩諸兄の熱い想いを受け継ぎ、多くの仲間とともに様々な活動を展開し、同志を増やしてまいりました。しかし、今後3年間で20名以上のメンバーが卒業されるため、会員数の減少は事業の縮小に繋がります。今後も淡路JCが地域のために存続し、よりよい活動を続けていくためには、新たな人財と出会い、メンバーの拡大活動を行うことは今後を見据えた上で必要不可欠なものと考えております。

当委員会は、会員減少という危機感をメンバーで共有しつつ、会員増加による青年の志の輪を広げるため率先して、会員拡大活動に臨んでまいります。例会では入会候補者とメンバーとの出会いと交流を生み出し、その出会いを大切にし、そこで生まれたご縁を活かし会員拡大へ繋げてまいります。また、候補者の情報をメンバー間で常に共有し、会員拡大に対するメンバーの意識改革を行います。会員拡大活動状況を広報活動の中で共有すると共に、様々な業種の方を対象とした交流の場を設け、淡路JCの魅力を感じ取って頂きます。そして、我々は入会候補者の状況・立場・気持ちを大切にしながらも、自身のJCに対する想いや体験を語り意見交換を行い、強い意気込みで一緒に青年会議所活動を行いたいという情熱を伝えていきます。その中で、我々は活動内容、多種多様なメンバーの人柄を知ってもらうと共に、創立より紡がれてきた「明るい豊かな淡路島づくり」という目標の必要性を感じていただき、入会しても不安を感じる事がなく熱い想いをもって活動に参加できる環境づくりを創出していきます。

拡大活動は、我々にとって出会いの場であり、自己修練の場でもあります。メンバーが拡大活動を通して互いに成長し、楽しみながら一歩一歩を踏み出すことにより、我々の活動を未来へ繋ぐことが、「明るい豊かな淡路島」の実現に繋がるものと確信しております。

会員拡大委員会委員長  空山 智郎